法律Q&A

法律Q&A

過失割合

1. 過失割合とは

交通事故における過失割合とは何ですか。過失割合が決まるとどういう意味があるのですか。

交通事故における過失割合とは、端的にいえば、各事故当事者の過失を対比させることによって定まる各事故当事者の責任の割合をいいます。過失割合が定まると、自己の過失割合に基づき事故の相手方に損害賠償責任を負い、自己の損害については、相手方から、自己の過失割合を差し引いた分の賠償を受けることができます。

詳細はこちら
2. 過失割合の決定要素、決定手続き

過失割合は、どのような要素で決まるのですか。

四輪車か、自動二輪車か、自転車か、歩行者かといった属性、信号機の有無、横断歩道上かどうか、一時停止標識があったか、広路か狭路か等事故現場の状況を前提に、当事者が負っていた注意義務の内容、その違反の有無、程度等により決まります。
過失割合は、まず、当事者間の合意で決めることを試みます。それで決まらなければ、調停、裁判、交通事故紛争処理センタ-のあっせん、交通事故示談あっせん等の手続きを経て決めます。

詳細はこちら
3. 過失割合の具体例
以下では、典型的な事故類型における基本過失割合をご紹介しますが、割合についてはあくまでも筆者の意見となり、また、実際の事故においては、諸条件により過失割合が異なりますので、この点、ご留意ください。

先日、車を運転していて、信号機のない交差点で、私は、横から車は来ないだろうと思い、そのまま交差点へ進入したところ、左から車が来て、衝突してしまいました。道路の幅員は同じぐらいで、左から来た車も減速していませんでしたので、過失割合は50:50だと思うのですが、いかがでしょうか。

過失割合は、相談者60:相手方40が基本となり、見通しの状況や、前方不注視の程度等により±20程度の修正があり得ます。

詳細はこちら

私は、幹線道路を、制限速度である時速50キロぐらいで車を走らせていましたが、うっかりして、前が渋滞しているのに気付かず、前の車に衝突しそうになって、慌てて急ブレ-キをかけました。すると、その直後に、後ろから来ていた車に追突されました。追突されたわけですから、過失割合は、私0:追突車100だと思うのですが、いかがでしょうか。

渋滞状況や見通し、急ブレ-キの程度等により、被追突車にも、10~30程度の過失が生じる場合があります。

詳細はこちら

私は、信号機のある交差点を右折しようと右折レ-ンで待機していたのですが、対向車線の直進車が多く、なかなか右折できません。対面信号が黄色になったので、さすがに右折しても良いだろうと思って右折したところ、まだ直進してくる車がいて、衝突してしまいました。やはり直進車が優先ということで、私は不利なのでしょうか。

50:50を基本とし、±20程度の修正が考えられます。

詳細はこちら

私は、四輪車を運転しており信号機のない交差点を左折したところ、自車の左後方からバイクが直進で来ていることに気付かず、バイクに衝突していまいました、もともとバイクが左から来ているのがいけないと思うのですが、私は、責任を負うのでしょうか。

基本的に、四輪車80:バイク20の過失割合と考えられていますが、走行速度や指示器を点灯させた時点等により、±20程度の修正が考えられます。

詳細はこちら

<交通事故の一覧ページへ>

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには ADOBE READER が必要になります。
こちらからダウンロードしていただけます。
ページ先頭へ