法律Q&A

法律Q&A

責任の内容と責任主体

1. 責任の種類と内容

私Yは、Z 社に勤めています。Z 社名義の社用車を運転して取引先の会社に向かっている途中で、一時停止の標識を無視してしまい、歩行者のXさんにぶつかってしまいました。幸い、あまりスピードも出ていなかったこともあり、Xさんも「擦り傷程度なので大丈夫です。」と言っていました。私も急いでいたこともあり、そのまま取引先に向かいました。Xさんも了承してくれていますし、私は、とくに何の責任も負わなくてよいですよね?

Yさんは、被害者Xさんに生じた損害についての「民事責任」、刑法その他の犯罪を犯したことについての「刑事責任」、免許の取消しや停止等の行政処分を受ける「行政責任」をそれぞれ負う可能性があります。事故現場においてXさんが大丈夫と言っていたとしても、責任を免れるわけではありません。

詳細はこちら
2. 責任を負う者

1の事故で、Xさんは、私YとZ 社、そして同乗していたPに、治療費や慰謝料などの請求をしてきました。Z 社やPも、何か責任を負うことになるのでしょうか?

Z 社は、自賠法に基づく運行供用者責任ないし使用者責任を負うことになります。Pは、原則として責任を負いませんが、Yの危険な運転を煽ったり、飲酒を知って運転させていた等の事情があれば、責任を負う可能性があります。

詳細はこちら
3. 使用者から被用者への求償

Z 社は、1の事故でXさんに賠償金を支払った後、「この事故は100%私Yのせいだ」といって、私に対して、その全額の支払を求めてきました。私は、全額支払わなければならないのでしょうか?

Yさんの業務内容、労働条件、行為の態様、損害防止のために使用者がどれだけ配慮していたか等によって異なってきますが、損害のうち、一定程度を支払わなければならないと考えられます。

詳細はこちら
4. 運行供用者該当性

私はZ 社の代表取締役です。1の事故について、Yは嘘をついています。Yは、確かにかつてZ 社に勤めていたことがあるのですが、事故のときには、すでにZ社を辞めていました。しかし、YはまだZ 社の車の鍵を持っていたようで、ガレージから密かに車を持ち出し、私用で乗り回していたようです。Z 社は、Xさんに対する責任は負わないですよね?

大変難しい問題ですが、Z 社が、車両の鍵ないしはガレージの管理を十分に行っていなかったこと等を考えると、Z 社が運行供用者責任に基づく損害賠償責任を負う可能性もあります。

詳細はこちら
5. 監督者責任

私Qは、Yの母親です。Yは19歳で、私と2人で同居していますが、私の目を盗んで、よく無免許で車を乗り回しています。私も、再三、やめるように言っていたのですが、今回、1の事故を起こしてしまいました。被害者のYさんに対しては、ほんとうにすまなく思いますが、私も、なにか法的な責任を負うことになるのでしょうか?

Qさんは再三、Yさんの無免許運転について注意しており、また、それ以上の措置をとっていたとしても事故発生を防止することは困難であったと考えられ、責任は負わないものと考えられます。

詳細はこちら

<交通事故の一覧ページへ>

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには ADOBE READER が必要になります。
こちらからダウンロードしていただけます。
ページ先頭へ