弁護士紹介

二本松 利忠

プロフィール

生年 1949年(昭和24年)
出身大学 京都大学
経歴 1979年(昭和54年)4月裁判官任官,2014年(平成26年)5月定年退官
弁護士登録 2014年(平成26年)
2015年 京都大学大学院 法学研究科 教授

主な取扱分野

交通,労災,医療過誤,その他民事一般訴訟事件,倒産,執行,保全事件,家事事件,少年事件(裁判官として主に担当したものです。刑事事件を担当したこともあります。)

主な著作物

・共編『Q&A家事事件の実務と手続』(新日本法規出版・平成22年)
・「家事事件手続における手続保障の流れ」田原睦夫先生古希・最高裁判事退官記念論文集『現在民事法の実務と理論(下)』(きんざい・平成25年)1126頁

燦(さん)掲載文

SUN NO.21/2016年7月発行
シェークスピア『ヴェニスの商人』の法廷場面を読み解く
SUN NO.20/2015年7月発行
弁護士が増えても本人訴訟は減らない!

※無断掲載はご遠慮ください

ひとこと

弁護士としてのスキルを磨き,幅広い分野について研鑽を重ね,裁判官として培った経験を少しでも生かして皆様のお役に立ちたいと思っています。

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには ADOBE READER が必要になります。
こちらからダウンロードしていただけます。
ページ先頭へ