弁護士紹介

永井 弘二

プロフィール

生  年 1963年
出身大学 京都大学
弁護士登録 1991年
弁護士会の委員会は消費者保護委員会を中心に活動
社会福祉法人、特定非営利活動法人 理事
医師の一般社団法人 倫理委員会外部役員

主な取扱分野

金融実務(保全・執行その他)、 建築・不動産関係、 消費者事件、
社会保障(生活保護その他)、倒産処理事件

主な著作物

「ここまで使える介護保険(あけび書房)」 執筆協力

御池ライブラリー掲載文

OIKE LIBRARY No.45/2017年4月発行
相続預金と遺産分割-最高裁平成28年12月19日大法廷決定から
OIKE LIBRARY No.44/2016年10月発行
労働法 労働条件の変更
OIKE LIBRARY No.43/2016年4月発行
債務者が反社会的勢力である点の錯誤と保証協会の保証の無効─最判H28.1.12から 錯誤理論と金融機関の調査義務について
OIKE LIBRARY No.42/2015年10月発行
金融法・改正民法 (平成27年3月31日提出法案から)
債権者代位権、詐害行為取消権
OIKE LIBRARY No.41/2015年4月発行
消費者法 特定継続的役務提供契約
OIKE LIBRARY NO.40/2014年10月発行
非免責債権についての執行文付与手続
―最高裁平成26年4月24日判決~非免責債権についての執行文付与の訴えの可否
OIKE LIBRARY NO.39/2014年4月発行
賃貸借 借地条件の変更、借地上建物の増改築など
OIKE LIBRARY NO.38/2013年10月発行
訴訟による一部請求と残部についての時効中断―最判H25. 6. 6から
OIKE LIBRARY NO.37/2013年4月発行
根保債務の随伴性-平成24年12月14日最高裁判決から
OIKE LIBRARY NO.36/2012年10月発行
無委託保証人の求償権による相殺と破産
~最判平成24年5月28日~いわゆる国内保証ファクタリングによる預金との相殺
OIKE LIBRARY NO.35/2012年4月発行
請負人の建物敷地に対する商事留置権の成否
OIKE LIBRARY NO.34/2011年10月発行
最高裁判例から見た欠陥建築物訴訟
OIKE LIBRARY NO.33/2011年4月発行
集合動産譲渡担保権に基づく保険金への物上代位の可否
-平成22年12月2日最高裁判決(金融商事1356p10)から-
OIKE LIBRARY NO.32/2010年10月発行
保証人の一部弁済と担保権行使、破産債権開始時現存主義の適用範囲
~複数債権の内の一部債権の全額弁済の場合
OIKE LIBRARY NO.31/2010年4月発行
保証人に対する請求と権利濫用、保証債務の錯誤等
~最判平成22年1月29日など~
OIKE LIBRARY NO.30/2009年10月発行
集合債権譲渡担保に対する民事再生法上の実行中止命令
~大阪高裁平成21年6月3日決定から~
OIKE LIBRARY NO.29/2009年4月発行
相続預金取引履歴の開示・続報 ~平成21年1月22日最判から~
OIKE LIBRARY NO.28/2008年10月発行
破産法上の破産債権開始時現存主義の適用範囲
~複数債権の内の一部債権の全額弁済の場合~
OIKE LIBRARY NO.27/2008年4月発行
金融機関経営者の融資責任
OIKE LIBRARY NO.26/2007年10月発行
1番抵当権設定時に同一所有者要件を満たさず、
2番抵当権設定時にこれを満たす場合、
1番抵当権消滅後、2番抵当権が実行された時の法定地上権の成否
~最判平成19年7月6日(金融・商事判例1271.33)から~
OIKE LIBRARY NO.25/2007年4月発行
集合債権譲渡担保と税金等の優劣~最判平成19年2月15日から~
OIKE LIBRARY NO.24/2006年10月発行
債権差押命令を受けた第三債務者の義務
OIKE LIBRARY NO.23/2006年4月発行
裁判所の過誤配当と差押債権者の落ち度の存否~最判平成18年1月19日から~
OIKE LIBRARY NO.22/2005年10月発行
(根)抵当権の被担保債権を弁済した保証人の代位と債権者の優劣
OIKE LIBRARY NO.21/2005年4月発行
消滅時効その3(その他の問題)
OIKE LIBRARY NO.20/2004年10月発行
消滅時効その2(物上保証等にまつわる問題)
OIKE LIBRARY NO.19/2004年4月発行
主債務と保証債務の時効
OIKE LIBRARY NO.18/2003年10月発行
担保、執行法制の改正

燦(さん)掲載文

SUN NO.22/2017年7月発行
“寛容”がキーワード?
SUN NO.21/2016年7月発行
独占禁止法の改正など
SUN NO.20/2015年7月発行
危険な時代に生きる~BS世界のドキュメンタリー~
SUN NO.19/2014年7月発行
“水”は誰のもの?…「ブルー・ゴールド」から
SUN NO.18/2013年7月発行
「オリバー・ストーンが語るもう一つのアメリカ史」
SUN NO.17/2012年7月発行
福島原発事故被災者に対する賠償
SUN NO.16/2011年7月発行
「薬害イレッサ訴訟」大阪・東京判決
SUN NO.15/2010年7月発行
新薬は素晴らしい?
SUN NO.14/2009年7月発行
高齢者の財産管理
SUN NO.13/2008年7月発行
メタボ健診で誰が得するの?
SUN NO.12/2007年7月発行
「幽霊人命救助隊」…「書評」というほど大したものではありませんが…
SUN NO.11/2006年7月発行
将棋名人戦の移行騒動
SUN NO.10/2005年7月発行
薬害イレッサ訴訟
SUN NO.09/2004年7月発行
NTT事件が大阪高裁で逆転全面勝訴!
SUN NO.08/2003年7月発行
囲碁は紳士だけど、将棋は・・?
SUN NO.07/2002年7月発行
薬害ヤコブ病訴訟が基本解決しました

※無断掲載はご遠慮ください

ひとこと

法律は、物事の「適正な」解決のためにあると思います。法律家の使命は、法律を杓子定規に当てはめることではなく、適正な解決のために「利用」することだと思います。
「法律はこうなっている。」と堅く考えてしまう前に、「こうして解決するのが適正だ。そのためにはこうして法律を利用しよう。」ということを大切にしたいと考えています。

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには ADOBE READER が必要になります。
こちらからダウンロードしていただけます。
ページ先頭へ